買い替えるなら、仏壇をお洗濯

祖父がなくなった時の話です。
祖母が、この機会に仏壇を買い替えたいと言い出しました。
祖父の家にある仏壇は、それこそ先祖代々というもので相当に古いです。
さらに、おおきい。
祖母としては、このさいもう少しコンパクトなサイズの仏壇に買い替えて、これまでのように仏間に置かず、自分の居間に置きたいようでした。
とはいうものの、先祖代々の仏壇ですから祖母の意見だけで買い替えるわけにいきません。
新しく買うのにお金もかかりますが、なによりも毎月お参りに来る親族がいます。
祖父の家はいわゆる田舎の本家で、とにかくもう、いろんな人が毎月仏壇をお参りに来るのです。
一緒に住んでいない私などは、もはやどういうつながりのある人かもよくわかりません。
案の定、親族から買い替えはちょっと、という意見が出ました。
祖母は、そうとう強硬に言い張ったようですが、結局は伯父があいだに入って、古い仏壇をまるごとそっくり洗うということで何とか落ち着きました。
そうです。
仏壇って、洗えるんです。
今はそもそも自宅に仏壇があるうちのほうが珍しくなりました。
でもちょっと田舎に行けば、うちのように古くて大きい仏壇をもっっている家が結構あります。
そういう家でときどきあるのが、仏壇の丸洗いなんです。
まず、仏壇を洗ってくれるお店に連絡して、金額が決まれば仏壇を引き取りに来てくれます。
それから先は具体的にどういう作業をしているのかはまったくわかりませんが、とにかく2週間もすればピカピカになってもどってきます。
これはもう、ちょっとびっくりするくらいのきれいさです。
私の友人の家も、すでに何件か仏壇のお洗濯をしてもらっています。
特に金具などは比べ物にならないくらい、きれいになります。
まあ、それ以前がいかに激しく汚れていたのかということですね。
仏壇はろうそくやお線香をたくので、どうしてもほこりやすすがつくんだそうです。
しかたありません。
祖父の仏壇の場合も、仏壇店の方が引き取りに来てくれました。
ただし、仏壇をそのまま運ぶことが難しかったです。
まず大きいこと。
さらに祖父の家が5階建てのビルになっていて、1,2階は伯父が仕事で使っています。
このビルの階段がわりと狭くて、仏壇が曲がりきらないとのこと。
さらにお客様が出入りする1階を通らなくてはそとへ仏壇を出せないのもネックでした。
結局、仏壇を仏間でバラしてもらい、部品になった状態で運んでもらいました。
たまたま横で作業を見ていましたが、仏壇ってすごいんですね。
本当に見事にばらばらになり、とても仏壇とは思えないパーツになっていました。
なんでもこれは国産の仏壇だからできることで、伝統的な作り方をしていないとここまでばらばらにはできないんだそうです。
洗濯後の仏壇は、見違えるようにきれいになりました。
きれいすぎて、ちょっとそぐわない気がするほどです。
まあ、これで今後40年は洗わなくても大丈夫だと祖母は言っていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*