仏壇で賢く遺産相続をする

今や長く厳しい世界的な不況によって、日本においても大切な財産をいかに守るかが人々の重要な関心事となっております。
預貯金、資産運用、投資など、あらゆる手段を用いて資産を守り、かつ、少しでもそれを増やそうと、皆様、懸命に努力しているのです。
そのような中、親が子供たちに残す遺産についても、少しでも相続税が安くなるようにと、様々な知恵が絞られるようになってきています。
相続税というものは馬鹿になりません。
親が何十年もかけて築いてきたせっかくの財産も、まともに子に相続させれば、目の玉が飛び出るほどの税金を取られてしまうのです。
ですから親は皆、その相続税対策には無関心ではいられないのです。
しかし、だからといって脱税などの悪いことはできません。
幾ら子供に財産を残すためと言っても、親が犯罪に手を染めてしまっては本末転倒です。
そのような悪財を残しても、決して子孫のためにはならないでしょう。
では一体、どうすれば効率の良い遺産相続ができるのでしょうか。
少しでも相続製を安くする妙案は、どこかにあるのでしょうか。
その疑問への解答の一つとして挙げることができるのが、実は仏壇なのです。
仏壇を賢く利用することによって、相続税を安く済ませる方法があるのです。
それは、仏壇本体と共に、仏壇には欠かすことのできない様々な仏具を利用するのです。
たとえば仏像、位牌、鈴、ローソク立て、線香立てなど、それらをできるだけ純金製の豪華なものにして、そして子供に相続するのです。
そうすると仏具には相続税がかかりませんので、どんなに高価な純金製の仏像であろうとも、それ自体は無税で子供に残すことができるというわけです。
もちろん、仏壇全てが純金製でも構いませんが、さすがにそのような天文学的な財を持たれた方は、滅多にいらっしゃらないことでしょう。
とにかく、日本では宗教儀式に用いるものは、子供に相続する時にも税金はかかりません。
実際、純金製の仏像を購入する方は多く、たまに、マスコミにも取り上げられることもあります。
また、財産としての純金というものは、単に保有しているだけなら税金はかかりません。
ですから資産を長く保有することができればできるほど、利用価値の高い蓄財法とも考えられます。
もちろん純金製の仏具にとっても、それは大きなメリットとなることでしょう。
しかし、このような純金を用いた仏壇にも注意が必要です。
それは、保管上の注意です。
何しろ少量でも高価な純金ですから、盗難にはくれぐれも気を付けなければなりません。
家に純金があると言うことは、泥棒に狙われたら大変です。
それが純金製だと言うことは、周囲には隠しておいたほうが良いかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*